ゴローズ レザーアイテム

 

goro’sの革製品で使われている革は主に

 

サドルレザー


サドルレザーのサドルというのは馬具に使用する「鞍(馬に乗る際に馬の背中に乗せる革製品)」の事で、そこから名前を取って”サドルレザー”と呼ばれています。

基本的にはタンニンなめし(柔らかさ、しなやかさを引き出す作業)によって作られた”ヌメ革”です。

一般的な”ヌメ革”より油を多く含ませたものが”サドルレザー”と呼ぶことがあるようです。


 

 

ディアスキン


ディアスキンはメスの鹿から作られた革で、湿気を吸収し、他の革にはない通気性がある特性を持っています。

また、goro’sでよく使用されている

バックスキンはオスのシカ革を指します。

ディアスキン同様、通気性が良く軽くて水に強い革です。

オスは独特の傷が多いため鹿の革の表面をバフがけ(研磨剤などを付けて研磨する行程)して、スエードのように起毛させているため

バックスキンはスエードと間違えられることが多いようです。


 

 

の二種の革をメインとしており、財布類~バッグ類まで幅広くサドルレザーは使用されています。

また、ディアスキン(又はバックスキン)に関して言えば

アイテムは限られてしまいますが、バッグやポーチなどをメインに使われており

ゴローズの革ものファンはこぞってディアスキンを求める方は多いのではないでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です