今世紀最大のコラボ”Supreme × LouisVuitton”

2017年7月頃に日本の南青山で行われた、SupremeとLouisVuittonのコラボレーションしたポップアップストアでは大きな話題を呼び、青山には千人を超える列ができるほどでした。

最初の予定としては6/30~7/13まで行われる予定でしたが、予想以上の行列と初日に売り切れアイテムが多々あり7/7にポップアップストアは閉店という異例な事態で東京販売は幕を閉じました。

誰もが疑問に思ったと思いますがストリートブランドの”Supreme” とラグジュアリーブランド”LouisVuitton”が何故、コラボしたのか?

以前、Supremeはこのコラボレーションの前にルイヴィトンのモノグラムをパロディ化したボックスロゴのTシャツ、キャップ、ステッカーなどを2000年に無許可で販売し、これに対してLouisVuitton側が訴訟を起こして裁判沙汰にまで発展し、販売が中止となりました。

そこで、どうしてコンセプトが真逆の両ブランド”Supreme”と”LouisVuitton”がコラボレーションをすることになったのでしょうか?

両ブランドのコラボとなった出来事は、LouisVuittonのCEOであるマイケル・パークがある日、ルイヴィトンのメンズコレクションのアーティスティックディレクターである、キム・ジョーンズにSupremeに興味があるという内容の電話をしたことです。

マイケルの電話に対して、Supremeの創業者であるジェームス・ジェビアを知るキムは、シュプリームとのコラボレーションを考えているのであればをジェームスを紹介すると言ったのです。

この電話が切っ掛けとなり、”Supreme × LouisVuitton”のコラボが実現したのです。

アイテムは、Supremeの代表的なアイコンであるボックスロゴや、ルイヴィトンの代表的なアイコンであるモノグラム柄をうまく組み合わせたものが多いため、両ブランドのアイテムだと一発でわかる商品によって話題と人気が更に高まったと思います。

二次販売店では高値で取引されるため、転売での購入も多くいたのが現実です、、、

一年以上たった今も”Supreme × LouisVuitton”は人気と希少性が高いアイテムとなっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です